JavaScript プログラミング講座

 

数値型について

 


■数値型について

 
■数値のデータ型について
 
数値は、プリミティブ型となります。
 
基本的で単純なデータ型です。
 
■数値型の精度について
 
数値型の精度は、64bit浮動小数点数(IEEE 754)です。
 
■論理演算の精度について
 
論理演算や、シフト演算を行った場合、一時的に、32bit整数値として計算されます。
 
符号の解釈は、使用した演算子によって変化します。
 

■Number クラスについて

 
Number クラスは、数値用のクラスです。
 
■数値から Number クラスのプロパティやメソッドを利用する
 
数値の後に、ドット演算子や配列アクセス演算子を記述すると、その瞬間だけ Number オブジェクトに変換されます。
 
数値に対して、あたかも Number クラスのプロパティやメソッドが存在するかのように、アクセスできます。
 
プロパティの追加を試みてもエラーは発生しませんが、永続しないため無意味です。
 
 

 

数値を作成する

 
 


■Number コンストラクタについて

 
Number コンストラクタを使って、数値を作成する事はできません。
 
数値を作成する場合は、数値リテラルを使用します。
 
Number コンストラクタを使用すると、数値ではなく、オブジェクトを生成する事ができます。
 
これは、Object コンストラクタの引数に、数値を渡した時と同じ動作となります。
 
new Number ( 値情報 ) :Object
第01引数(略可)Numberオブジェクト内に値情報 [[PrimitiveValue]] を保有したい場合に指定する。
戻り値 ObjectObject オブジェクト
 
数値を指定して、オブジェクトを作成する

// ------------------------------------------------------------
// Number オブジェクトを作成する(数値の作成ではない)
// ------------------------------------------------------------
var obj = new Number(123.456);

// データ型を確認する(オブジェクトの一種である)
console.log(typeof(obj)); // "object"

// 値情報を取得する
console.log(obj.valueOf()); // 123.456

// 文字列情報を取得する
console.log(obj.toString()); // "123.456"


// ------------------------------------------------------------
// 数値型のデータを指定して、オブジェクトを作成
// ------------------------------------------------------------
var obj = new Object(123.456);

// データ型を確認する(オブジェクトの一種である)
console.log(typeof(obj)); // "object"

// 値情報を取得する
console.log(obj.valueOf()); // 123.456

// 文字列情報を取得する
console.log(obj.toString()); // "123.456"
 

■数値リテラルについて

 
数値を作成するには、数値リテラルを使用します。
 
整数小数指数の表現が可能です。
 
整数を作成する

// 整数を作成する
var value0 = 123;
var value1 = -987;
 
小数を作成する

// 小数を作成する
var value0 = 123.456;
var value1 = -0.987;
 
指数を作成する

// 指数を作成する
var value0 = 0.12345e+4;
var value1 = -12345e-4;
 
■ヘキサリテラルについて
 
最先頭に『 0x 』 と記述した場合、16 進数表記が可能です。
 
16 進数表記で数値を作成する

// 16 進数表記で数値を作成する
var value0 = 0x00000012;
var value1 = 0x89abcedf;

// 出力テスト
console.log(value0); // 18
console.log(value1); // 2309738207
 
■オクタルリテラルについて(非推奨仕様)
 
最先頭に『 0 』 と記述した場合、8 進数表記が可能です。
 
これは非推奨な仕様であり、strict モードでは、利用できません。
 
8 進数表記で数値を作成する(非推奨)

// 8 進数表記で数値を作成する(非推奨)
var value0 = 012;
var value1 = 07654;

// 出力テスト
console.log(value0); // 10
console.log(value1); // 4012
 
■オクタルリテラルについて(新仕様)
 
最先頭に『 0o 』 と記述した場合、8 進数表記が可能です。
 
これは新しい仕様であり、一部のブラウザで動作します。
 
8 進数表記で数値を作成する

// 8 進数表記で数値を作成する
var value0 = 0o0012;
var value1 = 0o7654;

// 出力テスト
console.log(value0); // 10
console.log(value1); // 4012
 
■バイナリリテラルについて
 
最先頭に『 0b 』 と記述した場合、2 進数表記が可能です。
 
バイナリリテラルは、一部のブラウザで動作します。
 
2 進数表記で数値を作成する

// 2 進数表記で数値を作成する
var value0 = 0b00000010;
var value1 = 0b01010111;

// 出力テスト
console.log(value0); //  2 (0x02)
console.log(value1); // 87 (0x57)
 


 

Number クラスのプロパティについて

 


■Number クラスのプロパティ


Number クラスには、以下の定数プロパティがあります。
 
 
プロパティ 説明
Number.MIN_VALUE Number 表現可能な最小値(64bit浮動小数点数の最小値)
Number.MAX_VALUE Number 表現可能な最大値(64bit浮動小数点数の最大値)
Number.NEGATIVE_INFINITY Number 負の無限大を意味する定数(-Infinity 値)
Number.POSITIVE_INFINITY Number 正の無限大を意味する定数( Infinity 値)
Number.NaN Number 非数(数値以外)を意味する定数(NaN 値)
 
■Number.NaN 定数について
 
Number.NaN は、非数(NaN 値)が格納されている定数です。
 
非数(Not a Number)は、数値以外のデータという意味があります。
 
NaN 値自体は、数値型の一種となります。
 
大抵の場合、数値に関する演算に失敗した結果として得られます。
 
非数は、比較演算子『 == 』を使って調べる事はできません。
 
任意のデータが、非数(数値以外)であるか調べたい場合、isNaN() 関数を使用します。
 
非数(数値以外)であるか調べる。

// ------------------------------------------------------------
// 非数は比較できない
// ------------------------------------------------------------
var result = (Number.NaN === NaN);
console.log(result); // false

// ------------------------------------------------------------
// 非数であるか調べる
// ------------------------------------------------------------
var result = isNaN(Number.NaN);
console.log(result); // true
 


 

Number クラスのメソッドについて

 


■Number クラスのメソッド一覧


Number クラスには、以下のメソッドがあります。
 
メソッド 説明
toString() 数値を、任意進数表記の文字列に変換する。
toExponential() 数値を、指数表記の文字列に変換する。
toFixed() 数値を、小数表記の文字列に変換する。(0埋めあり)
toPrecision() 数値を、指定桁数の精度に丸めた文字列に変換する。(0埋めあり)
 
■ECMAScript 6
 
メソッド 説明
Number.isNaN() 任意のデータが、非数(NaN 値)と厳密に一致するか調べる。
Number.isFinite() 任意のデータが、有限な数値型であるかを調べる。
Number.isInteger() 任意のデータが、整数値であるか調べる。
Number.parseInt() 文字列を先頭から解析して、整数値に変換する。
Number.parseFloat() 文字列を先頭から解析して、小数値に変換する。
 
 


■toString() メソッド

 
数値を、任意進数表記の文字列に変換するには、toString() メソッドを使用します。
 
Number.toString ( n 進数 ) :String
第01引数(略可)Number2 ~ 36 までの任意の進数を指定。省略した場合 10。
戻り値 String進数表記に変換した文字列が得られる。
 
■取得例
 
数値を、任意の進数表記に変換する

// 数値を作成する
var value = 123;

// 2進数表記
console.log( value.toString(2)  ); // "1111011"

// 8進数表記
console.log( value.toString(8)  ); // "173"

// 10進数表記
console.log( value.toString(10) ); // "123"

// 16進数表記
console.log( value.toString(16) ); // "7b"
 

■toExponential() メソッド

 
数値を、指数表記の文字列に変換するには、toExponential() メソッドを使用します。
 
小数の桁が足りない場合、近似値が得られます。
 
小数の桁が余る場合、0 で埋められます。
 
Number.toExponential ( 小数の桁数 ) :String
第01引数(略可)Number0 ~ 20 までの小数の桁数を指定。省略した場合、最適な桁数。
戻り値 String指数表記に変換した文字列が得られる。
 
■取得例
 
数値を、指数表記に変換する

// ------------------------------------------------------------
// 数値を作成する
// ------------------------------------------------------------
var value = 123456789;

// ------------------------------------------------------------
// 指数表記に変換する(引数省略)
// ------------------------------------------------------------
console.log( value.toExponential()   ); // "1.23456789e+8"

// ------------------------------------------------------------
// 指数表記に変換する(引数指定)
// ------------------------------------------------------------
console.log( value.toExponential(1)  ); // "1.2e+8"
console.log( value.toExponential(5)  ); // "1.23457e+8"
console.log( value.toExponential(10) ); // "1.2345678900e+8"
console.log( value.toExponential(15) ); // "1.234567890000000e+8"
console.log( value.toExponential(20) ); // "1.23456789000000000000e+8"
 

■toFixed() メソッド

 
数値を、小数表記の文字列に変換するには、toFixed() メソッドを使用します。
 
小数の桁が足りない場合、近似値が得られます。
 
小数の桁が余る場合、0 で埋められます。
 
Number.toFixed ( 小数の桁数 ) :String
第01引数(略可)Number0 ~ 20 までの小数の桁数を指定。省略した場合 0
戻り値 String小数表記に変換した文字列が得られる。
 
■取得例
 
数値を、指数表記に変換する

// ------------------------------------------------------------
// 数値を作成する
// ------------------------------------------------------------
var value = 123.456789;

// ------------------------------------------------------------
// 小数表記文字列に変換する
// ------------------------------------------------------------
console.log( value.toFixed( )  ); // "123"
console.log( value.toFixed(4)  ); // "123.4568"
console.log( value.toFixed(8)  ); // "123.45678900"
console.log( value.toFixed(12) ); // "123.456789000000"
 

■toPrecision() メソッド

 
数値を、指定桁数の精度に丸めた文字列に変換するには、toPrecision() メソッドを使用します。
 
整数部分の情報が失われる場合、指数表記となります。
 
整数部分の情報が失われない場合、小数表記となります。
 
桁が足りない場合、近似値が得られます。
 
桁が余る場合、0 で埋められます。
 
Number.toPrecision ( 桁数 ) :String
第01引数(略可)Number1 ~ 21 までの桁数を指定。省略した場合、そのまま出力。
戻り値 String指定したの桁数精度に丸めた文字列が得られる。
 
■取得例
 
数値を、指定桁数の精度に丸めた文字列に変換する

// ------------------------------------------------------------
// 数値を作成する
// ------------------------------------------------------------
var value = 12345.6789;

// ------------------------------------------------------------
// 指定桁数の精度に丸めた文字列に変換する(引数省略)
// ------------------------------------------------------------
console.log( value.toPrecision()   ); // "12345.6789"

// ------------------------------------------------------------
// 指定桁数の精度に丸めた文字列に変換する(引数指定)
// ------------------------------------------------------------
console.log( value.toPrecision(1)  ); // "1e+4"
console.log( value.toPrecision(3)  ); // "1.23e+4"
console.log( value.toPrecision(6)  ); // "12345.7"
console.log( value.toPrecision(9)  ); // "12345.6789"
console.log( value.toPrecision(12) ); // "12345.6789000"
console.log( value.toPrecision(15) ); // "12345.6789000000"
 

■Number.isNaN() メソッド

 
任意のデータが、非数(NaN)と厳密に一致するか調べるには、Number.isNaN() メソッドを使用します。
 
このメソッドは、一部の ECMAScript 6 対応ブラウザでのみ動作します。
 
非数は、比較演算子『 == 』を使って調べる事はできません。
 
Number.isNaN ( * ) :Boolean
第01引数(略可)*任意のデータを指定。
戻り値 Boolean非数(NaN)と厳密に一致する場合のみ true が得られる。それ以外は false が得られる。
 
■isNaN() 関数との違い
 
isNaN() 関数は、指定したデータを数値型に変換しようとします。
 
そして結果が、数値以外であるかを評価します。
 
Number.isNaN() メソッドは、指定したデータを数値型に変換しません。
 
そして、NaN 値と厳密に等しいかを評価します。
 
よって、数値型以外のデータを指定した場合、必ず false が得られます。
 
isNaN() 関数と Number.isNaN() メソッドの結果の違いを確認する

// ------------------------------------------------------------
// 数値として変換できないので非数(数値以外)である
// ------------------------------------------------------------
var result = isNaN("あいうえお");
console.log(result); // true

// ------------------------------------------------------------
// NaN 値と厳密一致しないので false である
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isNaN("あいうえお");
console.log(result); // false
 
■取得例
 
任意のデータが、非数(NaN 値)と厳密に一致するか調べる

// ------------------------------------------------------------
// 数値
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isNaN(123);
console.log(result); // false

// ------------------------------------------------------------
// 文字列
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isNaN("123");
console.log(result); // false

// ------------------------------------------------------------
// 非数(NaN 値)
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isNaN(Number.NaN);
console.log(result); // true
 

■Number.isFinite() メソッド

 
任意のデータが、有限な数値型であるかを調べるには、Number.isFinite() メソッドを使用します。
 
有限な数値型とは、『 Infinity と NaN 』以外のすべての数値型です。
 
このメソッドは、一部の ECMAScript 6 対応ブラウザでのみ動作します。
 
Number.isFinite( * ) :Boolean
第01引数(略可)*任意のデータを指定。
戻り値 Boolean有限な数値型である場合 true が得られる。それ以外なら false が得られる。
 
■isFinite() 関数との違い
 
isFinite() 関数は、指定したデータを数値型に変換しようとします。
 
Number.isFinite() メソッドは、指定したデータを数値型に変換しません。
 
よって、数値型以外のデータを指定した場合、必ず false が得られます。
 
isFinite() 関数と Number.isFinite() メソッドの結果の違いを確認する

// ------------------------------------------------------------
// 有限な数値と解釈できるので true である
// ------------------------------------------------------------
var result = isFinite("123");
console.log(result); // true

// ------------------------------------------------------------
// 文字列なので false である
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isFinite("123");
console.log(result); // false
 
■取得例
 
任意のデータが、有限な数値型であるか調べる

// ------------------------------------------------------------
// 数値
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isFinite(123);
console.log(result); // true

// ------------------------------------------------------------
// 正の無限大
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isFinite(Number.POSITIVE_INFINITY);
console.log(result); // false

// ------------------------------------------------------------
// 負の無限大
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isFinite(Number.NEGATIVE_INFINITY);
console.log(result); // false

// ------------------------------------------------------------
// 非数(数値ではない)
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isFinite(Number.NaN);
console.log(result); // false
 

■Number.isInteger() メソッド

 
任意のデータが、整数値であるかを調べるには、Number.isInteger() メソッドを使用します。
 
Number.isInteger() メソッドは、指定したデータを数値型に変換しません。
 
このメソッドは、一部の ECMAScript 6 対応ブラウザでのみ動作します。
 
Number.isInteger( * ) :Boolean
第01引数(略可)*任意のデータを指定。
戻り値 Boolean整数である場合 true が得られる。それ以外なら false が得られる。
 
■取得例
 
任意のデータが、整数値であるか調べる

// ------------------------------------------------------------
// 整数値
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isInteger(123);
console.log(result); // true

// ------------------------------------------------------------
// 小数値
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isInteger(123.456);
console.log(result); // false

// ------------------------------------------------------------
// 非数(数値ではない)
// ------------------------------------------------------------
var result = Number.isInteger(Number.NaN);
console.log(result); // false
 

■Number.parseInt() メソッド

 
文字列を先頭から解析して、整数値に変換するには、Number.parseInt() メソッドを使用します。
 
先頭に、空白やタブや改行が存在する場合、スキップします。
 
途中で整数値以外の情報が含まれる場合、その時点で解析を終了します。(切り捨て)
 
変換に失敗した場合、非数となります。
 
第02引数を省略した場合、16 進数表記 (0xDDDD) を、16 進数と解釈します。
 
このメソッドは、一部の ECMAScript 6 対応ブラウザでのみ動作します。
 
互換性を考慮する場合、parseInt() 関数を使用します。
 
Number.parseInt ( * , n 進数 ) :Number
第01引数(略可)*任意のデータを指定。
第02引数(略可)Number2 ~ 36 までの任意の進数を指定。省略した場合 0。
戻り値 Number整数として評価した結果が得られる。失敗した場合、非数が得られる。
 
Number.parseInt() メソッドを使って、整数値に変換する

// 文字列を作成する
var str = "123.456";

// 整数値に変換する
var value = Number.parseInt(str);

// 出力テスト
console.log(value); // 123
console.log(typeof(value)); // "number"
 
16 進数文字列を、整数値に変換する

// 16 進数文字列を、整数値に変換する
var value = Number.parseInt("0x0000007f");

// 出力テスト
console.log(value); // 127 (0x7f)
 
2 進数文字列を、整数値に変換する

// 2 進数文字列を、整数値に変換する
var value = Number.parseInt("01001111" , 2);

// 出力テスト
console.log(value); // 79 (0x4f)
 

■Number.parseFloat() メソッド

 
文字列を先頭から解析して、小数値に変換するには、Number.parseFloat() メソッドを使用します。
 
先頭に、空白やタブや改行が存在する場合、スキップします。
 
途中で小数値以外の情報が含まれる場合、その時点で解析を終了します。
 
変換に失敗した場合、非数となります。
 
このメソッドは、一部の ECMAScript 6 対応ブラウザでのみ動作します。
 
互換性を考慮する場合、parseFloat() 関数を使用します。
 
Number.parseFloat ( * ) :Number
第01引数(略可)*任意のデータを指定。
戻り値 Number小数値として評価した結果が得られる。失敗した場合、非数が得られる。
 
Number.parseFloat() メソッドを使って、小数値に変換する

// 文字列を作成する
var str = "123.456";

// 小数値に変換する
var value = Number.parseFloat(str);

// 出力テスト
console.log(value); // 123.456
console.log(typeof(value)); // "number"
 
 

 

数値用のグローバル関数について

 


■数値用のグローバル関数一覧

 
メソッド 説明
parseInt() 文字列を先頭から解析して、整数値に変換する。
parseFloat() 文字列を先頭から解析して、小数値に変換する。
isNaN() 任意のデータが、非数(数値以外)であるか調べる。
isFinite() 任意のデータが、有限な数値であるか調べる。
 
 


■isNaN() 関数

 
任意のデータが、非数(数値以外)であるか調べるには、isNaN() 関数を使用します。
 
数値型へ変換を試みてから、評価されます。
 
NaN 値と厳密に一致するか調べたい場合は、Number.isNaN() メソッドを使用します。
 
非数は、比較演算子『 == 』を使って調べる事はできません。
 
isNaN ( * ) :Boolean
第01引数(略可)*任意のデータを指定。
戻り値 Boolean非数(数値以外)である場合 true が得られる。それ以外の数値なら false が得られる。
 
■取得例
 
任意のデータが、非数(数値以外)であるか調べる

// ------------------------------------------------------------
// 数値
// ------------------------------------------------------------
var result = isNaN(123);
console.log(result); // false

// ------------------------------------------------------------
// 数値に変換可能な文字列
// ------------------------------------------------------------
var result = isNaN("123");
console.log(result); // false

// ------------------------------------------------------------
// 数値に変換不能な文字列
// ------------------------------------------------------------
var result = isNaN("あいうえお");
console.log(result); // true

// ------------------------------------------------------------
// 非数(数値ではない)
// ------------------------------------------------------------
var result = isNaN(Number.NaN);
console.log(result); // true
 

■isFinite() 関数

 
任意のデータが、有限な数値であるか調べるには、isFinite() 関数を使用します。
 
有限な数値とは、『 Infinity と NaN 』以外のすべての数値です。
 
数値型へ変換を試みてから、評価されます。
 
isFinite( * ) :Boolean
第01引数(略可)*任意のデータを指定。
戻り値 Boolean有限な数値である場合 true が得られる。それ以外なら false が得られる。
 
■取得例
 
任意のデータが、有限な数値であるか調べる

// ------------------------------------------------------------
// 数値
// ------------------------------------------------------------
var result = isFinite(123);
console.log(result); // true

// ------------------------------------------------------------
// 正の無限大
// ------------------------------------------------------------
var result = isFinite(Number.POSITIVE_INFINITY);
console.log(result); // false

// ------------------------------------------------------------
// 負の無限大
// ------------------------------------------------------------
var result = isFinite(Number.NEGATIVE_INFINITY);
console.log(result); // false

// ------------------------------------------------------------
// 非数(数値ではない)
// ------------------------------------------------------------
var result = isFinite(Number.NaN);
console.log(result); // false
 
 

 

文字列から数値型に変換する

 
 


■Number() 関数を使用する

 
任意のデータを、数値型に変換するには、Number() 関数を使用します。
 
変換に失敗した場合、非数となります。
 
Number ( * ) :Number
第01引数(略可)*任意のデータを指定。
戻り値 Number数値型に変換した結果が得られる。失敗した場合、非数が得られる。
 
Number() 関数を使って、数値型に変換する

// 文字列を作成する
var str = "123.456";

// 数値型に変換する
var value = Number(str);

// 出力テスト
console.log(value); // 123.456
console.log(typeof(value)); // "number"
 

■単項加算演算子を使用する

 
任意のデータに、単項加算演算子 『 + 』 を記述すると、数値型に変換する事ができます。
 
変換に失敗した場合、非数となります。
 
単項加算演算子を使って、数値型に変換する

// 数値を作成する
var str = "123.456";

// 単項加算演算子を使って、数値型に変換する
var value = +str;

// 出力テスト
console.log(value); // 123.456
console.log(typeof(value)); // "number"
 

■parseInt() 関数を使用する (整数値に変換)

 
文字列を先頭から解析して、整数値に変換するには、parseInt() 関数を使用します。
 
先頭に、空白やタブや改行が存在する場合、スキップします。
 
途中で整数値以外の情報が含まれる場合、その時点で解析を終了します。(切り捨て)
 
変換に失敗した場合、非数となります。
 
第02引数を省略した場合、16 進数表記 (0xDDDD) を、16 進数と解釈します。
 
8 進数表記 (0DDDD) の解釈は、IE9 以降から廃止されています。
 
parseInt ( * , n 進数 ) :Number
第01引数(略可)*任意のデータを指定。
第02引数(略可)Number2 ~ 36 までの任意の進数を指定。省略した場合 0
戻り値 Number整数として評価した結果が得られる。失敗した場合、非数が得られる。
 
parseInt() 関数を使って、整数値に変換する

// 文字列を作成する
var str = "123.456";

// 整数値に変換する
var value = parseInt(str);

// 出力テスト
console.log(value); // 123
console.log(typeof(value)); // "number"
 
16 進数文字列を、整数値に変換する

// 16 進数文字列を、整数値に変換する
var value = parseInt("0x0000007f");

// 出力テスト
console.log(value); // 127 (0x7f)
 
2 進数文字列を、整数値に変換する

// 2 進数文字列を、整数値に変換する
var value = parseInt("01001111" , 2);

// 出力テスト
console.log(value); // 79 (0x4f)
 

■parseFloat() 関数を使用する (小数値に変換)

 
文字列を先頭から解析して、小数値に変換するには、parseFloat() 関数を使用します。
 
先頭に、空白やタブや改行が存在する場合、スキップします。
 
途中で小数値以外の情報が含まれる場合、その時点で解析を終了します。
 
変換に失敗した場合、非数となります。
 
parseFloat ( * ) :Number
第01引数(略可)*任意のデータを指定。
戻り値 Number小数値として評価した結果が得られる。失敗した場合、非数が得られる。
 
parseFloat() 関数を使って、小数値に変換する

// 文字列を作成する
var str = "123.456";

// 小数値に変換する
var value = parseFloat(str);

// 出力テスト
console.log(value); // 123.456
console.log(typeof(value)); // "number"